ワードプレスって何?

ワードプレスって何?
先生

じゃ、まずはワードプレスって何かというところから始めようかの。

生徒

はーい。

ワードプレスはWebサイトを作ることができるソフトウェア

先生

一言でいうと、ワードプレスは Web サイトを作れるソフトウェアなんじゃ。

生徒

Webサイト?

先生

お店や会社のホームページブログネットショップ・・・とか、インターネットの世界には色々なページがあるじゃろ。

生徒

うんうん。

先生

ワードプレスはそういった Web サイトを作ることができるソフトウェアなんじゃ。

生徒

へー。

先生

しかも、とってもよく使われているソフトウェアでな。世界中の Web サイトのおよそ3分の1はワードプレスで作られているという調査結果もある。

生徒

ひゃー3分の1も!すごい人気があるんだねえ。

先生

うむ、Web サイトを作るとなった時に、いま一番人気があるソフトウェアといっていいじゃろうな。

ワードプレスはオープンソースのソフトウェア

先生

ワードプレスの大きな特徴の一つに、オープンソースのソフトウェアだということがある。

生徒

あ、ワードプレスは無料のソフトだって聞いたことがあるよ!そのことかな。

先生

オープンソースというのは、ソフトウェアがどのように作られているかその中身のソースコードが全部公開されていて、誰でもそれを見たり改良したり自由にできることなんじゃ。その考えにもとづいて、これまでワードプレスは世界中の人たちの手で素晴らしいソフトウェアに作り上げられてきた。

生徒

世界中の人たちが!

先生

そうじゃ。言い方を変えれば、みんなの力でできているソフトウェアといっても良いな。オープンソース=無料のソフト、という考えはまったくの間違いではないが、本当に大事なところはそこではないんだ。

生徒

なるほどね〜。

先生

この話は大事なことなので、また今度ちゃんと話すことにしよう。

ワードプレスは「WordPress」だよ

先生

ちなみにワードプレスは英語では「WordPress」と書く。インターネットで調べ物をしていると「ワードプレス」とか「WordPress」とかどちらも出てくるじゃろ。

生徒

あ、それ見たことある。

先生

基本的には「ワードプレス」も「WordPress」も同じものを指しているので、自分が調べるときもどちらかを使えばいいぞ。

生徒

わかったよ。「wordpress」も同じものなんだね。

先生

おっと、一つ大事なことを教えておこう。英語で書くときは w と p を大文字にして「WordPress」と記述するのが正しい。「Wordpress」とか「wordpress」だと誤りだ。

生徒

えっ、そんな決まりごとあるの・・・

先生

お前も自分の名前を間違われたら嫌じゃろ?名前をちゃんと覚えるのは相手に対する敬意じゃ。

生徒

あわわ、、わかりました!(間違えそうだから「ワードプレス」の方使っておこうっと・・・)

先生

まあ、間違ったからといって誰かに怒られたりするわけじゃないけど、こういうことを知っていると「おや、この人わかってるな!」と思われることもあって得じゃぞ。

生徒

そうなんですね。なら、覚えておきます!

先生

なら?