公開前の投稿を外部からプレビューできるプラグイン「Public Post Preview」

先生

WordPress でまだ下書き中の投稿を閲覧できるようにするプラグイン「Public Post Preview」を紹介しよう。

生徒

公開前にお客様にページの内容をチェックしてもらいたいときに役立ちそうだね。

プラグインのインストール

以下の手順でプラグインをインストールしてください。

  • WordPress管理画面 → [プラグイン] → [新規追加] → 「Public Post Preview」を検索します。
  • 「今すぐインストール」をクリックします。
  • 「有効化」をクリックします。

これで、インストールは完了です。

特に初期設定は無いので、これですぐに使える状態となります。

プラグインの使い方

まだ、公開されていない投稿や固定ページの編集画面を開きます。

右側サイドバーに「外部確認を許可する」という項目があるので、そのチェックをONにします。

チェックをONにすると、その下にプレビュー用の URL が表示されます。その URL をコピーして、プレビューしたい人に教えます。

プレビュー用 URL にアクセスすると、その公開前のページを閲覧することができます。(WordPress 管理画面にログインしていない人でも閲覧可能になります。)

先生

サイト更新は制作業者におまかせで、管理画面にログインしないようなお客様がいたとしても、この方法であれば公開前のページ確認をしてもらえるわけじゃ。

プレビュー有効期限を伸ばす方法

なお、プレビュー用の URL はデフォルトで48時間有効になっており、その期限を過ぎるとまた「外部確認を許可する」をチェック付け直さないといけません。

もし、有効な時間をもっと長くしたい場合、functions.php などに下記のようなコードを追加します。

add_filter( 'ppp_nonce_life', 'my_nonce_life_extended' );
function my_nonce_life_extended() {
    // 期限を5日間に伸ばす
    return 60 * 60 * 24 * 5;
}

上記は有効期限を5日間に伸ばす例となります。

まとめ

先生

関係者が複数人いるようなサイト、ページの製作と承認する人が分担しているようなサイト・・・といったケースだと、このプラグインが役立ってきそうじゃな。

生徒

これがあれば、ページのスクリーンショットを送って確認してもらうようなこと、もうやらなくても済むね!

参考URL